2010年9月16日 (木)

毛虫情報

雨が降り、大分涼しくなりました。

こんな時期になりましたが、油断は大敵です。

最近、イラガを現場でよく目にします。モミジとかカシの木とか・・・

2回目に発生した幼虫です。

まだ、1cmないくらいで小さなものです。

この時期に出る毛虫は植木にとってはそこまで大きな被害にはならないように思いますが、

私たちは刺されないようにしないといけませんねsign01

彼らはこれから蛹になって幹などにくっついて越冬します。

なかなかよく見ないとわかりづらいですが、予防になりますので見つけたら枝か何かでとってやりましょう。

| | コメント (0)

2010年4月29日 (木)

害虫発生情報

まだまだ、肌寒い日がありますが、先週頃から庭木に害虫が発生してきました。

カシにオビカレハという毛虫が大発生していました。これは刺されることはありません。2件遭遇

モミジにアブラムシ(モミジニタイケアブラムシ)が発生していました。これの排泄物が蜜のように葉についてテカテカしています。すす病の原因になります。4件遭遇

| | コメント (0)

2009年5月27日 (水)

アゲハ

Img_3002 ゆずの木だったと思うのですが、今年はよく花が咲いたようで実が楽しみです。












さて、ここからはアゲハを探せsign03

Img_3003















分っかるかな、分っかるかな

Img_3005
















さてさてほほ~

Img_3006




アゲハはかんきつ類の顔おなじみ。

天敵が多いので多発することはないようですが、若葉や芽がかじられてしまいます。

なかなかよーく見ないと見つけ出すのは困難です。

| | コメント (0)

2009年5月24日 (日)

ヒメシロモンドクガ

Img_2961 シダレモミジに毛虫がついていました。

調べてみたのですが、

ヒメシロモンドクガ」と思われます。

ドクガというだけあって毛に毒があるようですsign01

しかし、チャドクガほど毒毛はないようです。

年に2~3回発生します。

毛虫は大概、葉の裏や幹の影など見にくい所に潜んでいます。

覗き込んでよくよく見ると見つけることができます。eye

| | コメント (0)

2008年6月24日 (火)

さくらんぼの樹液

お客さんから植木の調子が悪いということで訪問いたしました。
サクランボの木ですが、あちこちから樹液が流れてきていました。

Img_0326














樹皮を削ってみると、白い幼虫が・・・sign01
Img_0329














調べてみると、これは「コスカシバ」というガの幼虫でした。
結構細い枝まで入り込んでいました。
このように幼虫を取り出す方法や、ハンマーで樹液の出ているところを叩いてつぶす方法、あらかじめ樹幹にガットサイドSなどの薬剤を散布・塗布する方法があります。
また、性フェロモン剤のスカシバコンというものがあるようです。

この度は、ひとまず樹液が出ているところを丁寧に削って虫を取りました。
傷口にはトップジンMペーストを塗布しました。
さらに、活力剤を用いて樹勢回復をねらいます。

| | コメント (0)

2007年5月13日 (日)

ミノムシ

Img_0709_1 ベニカナメの生垣ですが、葉っぱが穴だらけ。
犯人は誰だ!!












Img_0712 よくよく見ると、ミノムシ君でした。














この後、この生垣は刈込みをしたので、ミノムシ君も一緒に持って帰ってしまったことになりますな。

| | コメント (0)

2007年1月11日 (木)

クスサンの卵

本日もうえき村の植木の手入れをしていました。

キンモクセイに白い粒々の塊がくっついていました。

かなり小さいです。

調べてみると、クスサンという毛虫の卵のようです。

4月頃にふ化して6月下旬頃マユになります。

10月には成虫になって産卵し越冬します。

今のうちにかき取っておけば大丈夫です。

| | コメント (0)

2006年8月 8日 (火)

イラガ

今日、消毒に周っていました。
2週間ほど前からイラガがどのお宅にも発生して被害が広がっています。
今日行った家ではモミジがかじられておりました。
そして、気配は感じるのですが、姿が見えないのでよくよく見ると幹にポコリとマユになっていました。これがまた蛾になって飛んでいき、卵を産みます。
このマユを取り除くことも重要な防除になります。
今日はこのマユをプチプチと取っていましたが、汁が飛んできたのでしょうか刺されたときと同じ事態になってしまいました。
皆さんもマユを取るときは気をつけましょう。

| | コメント (0)

2006年6月16日 (金)

チャドクガ

チャドクガ

これが世にも恐ろしいチャドクガです。刺された人にしか分からない苦痛です。毛に毒があり、触れるとチクッと痛かゆい感じです。そして、イラガなどに比べてそれがなかなか退きません。かゆいからといって掻いてしまうと、毛が広がって全身がかゆくなります。さらに、抜け殻になっても毒があり、風でその毛が舞ったときはもう大変です。近寄っただけでかゆくなります。僕は見ただけでなんとなくかゆくなります。ひどい人は病院に行く人もいます。 サザンカに付いていたので捕獲しました。枝を静かに切ってナイロン袋に入れます。そのまま縛ってポイします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

虫

家のピラカンサにシャクトリムシが数匹いました。シロトゲエダシャクだと思われます。独特な進み方ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧