2012年1月11日 (水)

冬の消毒作業

冬の消毒作業では、カイガラムシやうどんこ病などの病害虫に対してします。

春以降の予防もかねて行いますが、薬剤は主に石灰硫黄合剤を散布しています。

歴史のある薬剤で昔から使われているようです。

硫黄の臭いが強く、また強アルカリ性なので金属や石材などに付着しないようにするなど使用上の注意が必要です。

Photo

| | コメント (0)

2010年1月 8日 (金)

雪落とし

うえき村は昨日・今日と雪がかなり積もりました。snow

皆さんの地域は大丈夫でしょうか?

木に雪が積もり枝が傷まないように雪落としをしました。
P1220998











庭木に少し雪がかぶるのはとっても風情があって良いですが、

多く積もって枝が折れてはいけませんからね。

枝が撓ってきたら、ちゃんと雪を落としてあげましょうsign03


| | コメント (0)

2009年9月 2日 (水)

モンクロシャチホコ

今日、お客様より害虫駆除のご依頼があり、伺ってきました。

ジューンベリー(セイヨウザイフリボク)に、モンクロシャチホコというケムシがついていて、早速処置をさせていただきました。

モンクロシャチホコは、ジューンベリーのほかにもサクラなど、

バラ科の植物を好んで葉を食害します。

集団であっという間に葉を丸坊主にしてしまうので、見つけたら早めに殺虫剤で処置するようにしましょう。

お庭の害虫でお困りの方、お気軽にご相談ください!


| | コメント (0)

2009年7月22日 (水)

消毒作業

P1190862











今日は庭木の消毒作業を行いました。clover

最近、イラガ等の虫がよく発生していて、

お客様から消毒の依頼をたくさんお受けします。

ちょうど梅雨時なので、天気と相談しながらの作業ですが、

今日はちょうど曇り空で消毒向きの天気だったのでよかったです。cloud

殺虫・殺菌剤の散布や、病害虫の予防になる木酢液の散布等もお受けします。

庭木の害虫・病気でお困りの方、どうぞお気軽にご相談くださいsign03



| | コメント (0)

2009年7月 3日 (金)

毛虫注意!!

剪定の時期になってきました。

毎日、剪定作業に出ています。

今年はどういうわけかイラガなどの毛虫の発生が2週間くらい遅いように思います。

今日、小さなイラガがモミジに群れているのを発見しました。

そろそろ毛虫注意ですsign03

| | コメント (0)

2009年5月17日 (日)

水やり

今日は久しぶりにしっとりとした雨が降りましたrain

3週間ぶりの雨ではないでしょうか?

乾燥も続くこの時期、気温はそれほど高くなくても、

油断をして水遣りをせずにいると失敗してしまうときがあります。

植木にとってはご飯と同じriceball

なくては生きてはいけません。

特に植えて間もない植木は、この時期もこまめな水遣りは必要です。

土の表面の湿り具合を見ながら、乾いていたらたっぷりとあげましょう。

水がやれているかどうかはちょっと土を掘ってみると分かります。

| | コメント (0)

2009年4月19日 (日)

春の消毒はじまる

今日は、1件ウメの消毒に伺いました。

カイガラムシが幹にびっしり付いており、またアブラムシが新芽に発生していました。

葉が縮れたようにクシュクシュッとなっています。

ほっておくと、木の下がべたべたになって汚くなります。

また、すす病の原因にもなります。

早めの対策が必要です。

| | コメント (0)

2009年2月 9日 (月)

松の治療

1img_1675














松の調子が悪いということで拝見しました。

どうも病気にかかっているようです。

活力剤(メネデール)の注入、消毒(石灰硫黄合剤)、

施肥(油粕)をして様子をみることにしました。

1img_1666














メネデールの樹幹注入をしているところです。

土壌にかん注することが一般的かとおもいますが、

樹幹注入は直接植木に入るので効果が早くあらわれます。

松の木は樹液が動かない冬の間でないとお薬が入りません。

3ヶ月後にまた様子を診たいと思います。

| | コメント (0)

2007年7月 3日 (火)

イラガがいるとき

Img_1214














葉っぱがこうなっていたら要注意!!
葉の裏を覗いてみたら小さな黄色い毛虫がいます。
その名はイラガ。
触れるとチクッといたがゆくなります。

Img_1216

| | コメント (0)

2007年5月22日 (火)

チャドクガ発生

Img_0806













今年初のチャドクガです。
サザンカの生垣に潜んでいたのですが、まだ1cmくらいの毛虫でした。
植木屋さんにとっては蜂に並んで最も手ごわい敵といってもいいでしょう。
主にサザンカ、ツバキなどにつく毛虫です。
毛に毒をもっており、刺されるとかぶれていたがゆく、なかなか治まりません。
人によっては病院に通うことになります。
僕は、見ただけでゾッとします。
一度かいていたら、毛が広がったらしく体中がかゆくなったことがあります。
ほんとにたちの悪い毛虫です。
ちなみに、抜け殻でも死骸でもかぶれるので要注意毛虫です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧