2010年2月28日 (日)

M様邸完成!!

M様邸完成いたしましたsign03

「プリペットの生垣」

5545320100223_017

「板塀のフェンスと化粧ブロックの花壇」

5545320100223_010

「坪庭」 ~人工の竹垣とコケ

5545320100223_005

| | コメント (0)

2010年2月20日 (土)

M様邸

Img_5014

カーポートの施工中です。

屋根の折板(せっぱん)を取り付けています。

安全対策もしっかりしております。

| | コメント (0)

2010年2月16日 (火)

M様邸

Img_4764

裏庭の様子です。

板塀の目隠しフェンスです。

20100217_001 

施工の途中、お客様のご要望で塗装することになりました。

塗装してよりきれいになりました。

板を打ち付けるビスを見えないようにするため、またちょっとしたデザインを加えて柱の部分に縦におさえる板を追加しました。

| | コメント (0)

2010年2月15日 (月)

M様邸

Img_4774

植栽の工事中。

プリペット」という植木の生垣を施工しています。

プリペットは日当たりを好みますが、半日ぐらい日光が当たるような所でもよく育ちます。

プリペットは常緑から半常緑で、冬は地域や植木によって落葉してしまうことがあります。

緑がきれいで自然な雰囲気と小さな丸い葉が洋風の家によく合います。

20100215_011

| | コメント (0)

2010年2月11日 (木)

バラの剪定・誘引

フェンスやアーチに絡まったバラの剪定・誘引のうちにやるのがベストですsign03

Img_4693

多すぎる枝を整理し、そして枝の強弱や伸びる方向など考慮しながら剪定します。

また、生かしたい枝をフェンスにシュロ縄でくくって誘引しています。

Img_4691

施主の奥様も熱心に剪定しているところを見学しておられます。

丁寧なアドバイスも実施中sign03

| | コメント (0)

2010年2月 9日 (火)

M様邸工事

M様邸の工事着工いたしました。

Img_4662

裏庭に目隠しフェンスを取り付けます。

フェンスの柱がくるところの穴を掘っております。

柱はコンクリートで固定されます。

| | コメント (0)

2010年1月29日 (金)

バラの植え付け

今日は、バラの植え付けをしました。

バラはいつの時代も愛され続けてきた植物です。

歴史も古く、2000年以上も昔のクレオパトラが愛用してたとか・・・

ヴィーナスの誕生」にも描かれています。

植え付けは、まず穴を大きめに広めに掘ります。

深さは30cmくらい掘ってます。

そこへ油粕など肥料を入れます。

Img_4557_2 

バーク堆肥と混ぜた土を肥料の上にかぶせます。

根が肥料に直接触れないようにするためです。

Img_4560 

この時期はバラは裸根で出回ります。

ポイント:根を広げて土をかぶせていきます。

ポイント:接いであるところは土に触れないようにします。

Img_4561

水鉢を作って水をたっぷりあげます。

Img_4565

完成です。

Img_4572   

| | コメント (0)

2010年1月28日 (木)

モミジの剪定

  モミジの剪定

数年、手付かずの状態で狭い坪庭にいっぱい枝を広げていました。

建物にもつかえて、あまりよい状態ではありませんでした。

Img_4526

Img_4529

なんなら屋根から作業したほうが早そう・・・

| | コメント (0)

2010年1月27日 (水)

施肥作業

施肥(せひ)は、植木に肥料を与えることです。

肥料は油粕や鶏糞などの有機肥料を与えます。

2月ごろまでが施肥の適期です。

表面にばらまくだけでもいいですが、できれば穴を開けて肥料を入れてあげたほうが

効果的です。

Img_4498

根元から少し離れたところに穴をあけています。

Img_4500

肥料を穴に入れています。

発酵のためだと思うのですが、穴を開けたところが後で窪むことがあるので周りの土でふたをしたり少し盛っておくといいでしょう。

| | コメント (0)

2010年1月26日 (火)

石積み

うえき村の整備をしております。

枕木の土留めが腐ってきたので石積みにやりかえております。

100126_002

100126_000石積みの種類で「崩れ積み」というものがあります。

面が不規則に乱れるようにする積み方で、古くから行われてきた伝統的な積み方です。

表情があって僕も好きな積み方です。

崩れ積みは、上の石が下の石の裏から覆い被さるように積み上げられます。

そして、下の石や側の石と石裏の土圧によって安定しています。

非常に経験と勘がものをいう世界です。

これは正式にはそれに当てはまらないかもしれませんが、

まあ「崩れ積み風」ということで・・・100126_005

| | コメント (0)

より以前の記事一覧