« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月)

在原行平の歌碑

Img_3181















在原行平の歌碑が完成しました。

くずれ積みの土台の上に桜御影の歌碑がそびえ立っています。

松や自然石の石だたみが当時の因幡の街道を思わせます。

村の方にも喜ばれ、本当によかったです。

| | コメント (0)

2009年6月21日 (日)

ホテイアオイ

Img_3144




水に浮かべてあるホテイアオイに花が咲いていました。

丸い葉っぱがかわいらしく、夏には涼しげですよねpenguin

ホテイアオイ(布袋葵)は、ミズアオイ科の水草です。

南アメリカが原産で、水面に浮かんで生育しますが、葉の付け根の部分が丸くふくらみその形が布袋さんのお腹に似ているところから名付けられました。

このふくらんだ部分は「浮器(ふき)」と呼ばれ、いわゆる浮き袋のような役目をします。

花が青く美しいので観賞用に栽培され、別名ホテイソウウォーターヒヤシンスとも言われます。

生育がとても旺盛で、一年間で一株が200以上に増えることもあります。

池などではあまりにも増えすぎて水門などの水の流れを悪くすることなどから「公害雑草」「青い悪魔(うす紫色の花を咲かせるので)」などのかわいそうな名前もあります。

日当たりの良い場所で育てます。また、風のあまり強く当たらない場所がよいでしょう。

水に浮かべているだけで特に肥料や水遣りの手入れは必要がなく、楽に育てられます。

しかし、ボウフラがわくことがあるので、そんなときは水を時々変えるか、メダカなどを入れておくといいと思います。

また、寒さにはあまり強くなく(5℃以上)、霜が当たると茶色く枯れてしまいます。

鉢などで育てている場合は霜の当たらない場所に移動させればよいでしょう。

池などで育てているばあいは、元気なうちに数株をバケツや鉢などに移動させて冬越しさせて、暖かくなったらまた戻すといいでしょう。

| | コメント (0)

2009年6月 6日 (土)

花壇の寄せ植え

Img_3085

駐車場の一角に花壇があるのですが、どのように植栽したらよいか、ご相談を受けました。

シンボルツリーにヤマボウシの株立ち。

足元の低木にはマホニア・コンフーサ、アカバメギ、コルジリネ、コロキア・コトネアスター。

手前には地被類のワイヤープランツ、コクリュウ、フェスツカを使用しました。

「シックな感じ」ということで緑の濃いもの銅葉黒葉のものを使ってみました。

白い壁に緑が映えますねshine

| | コメント (0)

2009年6月 1日 (月)

バラのフェンス

Img_3047

バラのアーチがバラの重みと強風で倒れてしまったそうです。

Img_3076

バラを思い切って剪定sign03

ツルバラは這うところがいるのでラティスのフェンスを設置しました。

今度はバラが生い茂っても大丈夫shine

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »