« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

バラ

Img_3050

Img_3017

お客さんの家でバラのアーチをよく見ます。

きれいなバラには棘がある、なんていいますけど、バラには誰もが認める美しさがありますよね。

バラは歴史も古くクレオパトラも愛好したとか・・・

また、品種名に人名が付けられることも多く

皇后美智子様に「プリンセス・ミチコ」といバラが捧げられたという話はよく聞くところです。

バラ園も全国各地に多く存在します。

| | コメント (0)

2009年5月29日 (金)

ハコネウツギ

Img_2997 ハコネウツギ

赤と白の混ざった花がにぎやかに咲いていました。

いつも見る8月の剪定作業のころにはもう葉だけになっているので、こんなに見事に咲くウツギだとは思いませんでした。

厳密にはハコネウツギ(箱根空木)かニシキウツギ(二色空木)かよく分かりませんが、ハコネウツギは海岸に多く、ニシキウツギは山地に多いようです。

| | コメント (0)

2009年5月27日 (水)

アゲハ

Img_3002 ゆずの木だったと思うのですが、今年はよく花が咲いたようで実が楽しみです。












さて、ここからはアゲハを探せsign03

Img_3003















分っかるかな、分っかるかな

Img_3005
















さてさてほほ~

Img_3006




アゲハはかんきつ類の顔おなじみ。

天敵が多いので多発することはないようですが、若葉や芽がかじられてしまいます。

なかなかよーく見ないと見つけ出すのは困難です。

| | コメント (0)

2009年5月24日 (日)

ヒメシロモンドクガ

Img_2961 シダレモミジに毛虫がついていました。

調べてみたのですが、

ヒメシロモンドクガ」と思われます。

ドクガというだけあって毛に毒があるようですsign01

しかし、チャドクガほど毒毛はないようです。

年に2~3回発生します。

毛虫は大概、葉の裏や幹の影など見にくい所に潜んでいます。

覗き込んでよくよく見ると見つけることができます。eye

| | コメント (0)

2009年5月21日 (木)

カラタネオガタマ

Img_2952

Img_2953

お客さんの庭で見かけました。

正直、初めてお目にかかりました。

花から上品なバナナのような甘い香りがします

なんだろうかと調べてみたところ、カラタネオガタマでした。

カラタネオガタマ(唐種招霊)は、モクレン科の常緑樹。

別名トウオガタマ(唐招霊)。また、香りがバナナに似るところから「バナナの木」とも言われます。

中国原産で江戸時代に渡来した常緑小高木です。

温かい地方では神社の境内や庭木などで植えられているようです。

樹高は3~5mであまり大きくなりすぎないので狭い庭にもいいでしょう。

日当たりの良い場所に適していますが、半日陰でも大丈夫です。shine

病害虫もあまりないようです。

| | コメント (0)

2009年5月18日 (月)

ジューンベリー

Img_2932_3

人気の植木ジューンベリーの実が成っています。

まだ、青いですがこれから赤や黒に変わってきます。

植え込む際は、乾燥に弱いので、ピートモスや腐葉土をたっぷりすきこんだ、水はけの良い、肥沃な土壌に植えます。

日当たりを好みますが、西日の強くあたる乾燥しやすい場所は苦手。

半日陰でもよく育ちます。

1年枝の先端に花芽をつけ、翌春開花し結実します。

自家結実性ですが、開花時期が雨が多いと収穫が減りますので、満開時に花を筆先でかき回してやると、ぐっと実つきが良くなります。

| | コメント (0)

2009年5月17日 (日)

水やり

今日は久しぶりにしっとりとした雨が降りましたrain

3週間ぶりの雨ではないでしょうか?

乾燥も続くこの時期、気温はそれほど高くなくても、

油断をして水遣りをせずにいると失敗してしまうときがあります。

植木にとってはご飯と同じriceball

なくては生きてはいけません。

特に植えて間もない植木は、この時期もこまめな水遣りは必要です。

土の表面の湿り具合を見ながら、乾いていたらたっぷりとあげましょう。

水がやれているかどうかはちょっと土を掘ってみると分かります。

| | コメント (0)

2009年5月16日 (土)

ちょっとしたこと

Img_2838

シダレモミジとジューンベリーの植栽をしました。

後、黒土を0.5m3と山ゴケを少々。

そのほかはそのままの状態です。

もともとあった庭に盛り土と2本の植木を植えただけですが、

奥行きと変化が生まれました。

シダレモミジの赤が際立ってきれいに映ります。

よいアクセントになっています。

| | コメント (0)

2009年5月13日 (水)

巣箱

Img_2873

剪定したシダレモモに新居が設置されました。

お客さんは「アメリカで買ってきたから日本の鳥には合わないかも・・・」

なんて言っておられました。

「えっ!!アメリカですか!?」

と思わず聞き返してしまいました。

旧居は少し大きめで穴も大きかったのですが、この度は少々小さめで入れる鳥は限られてきますね。

しかし、楽しみがあっていいですね。

うえき村でもツバメが毎年、物置や車庫に巣を作って賑やかにしています。

僕もツバメが来てくれると、なんとなく落ち着くというか安心してしまいます。

| | コメント (0)

2009年5月 9日 (土)

城北せんべい

P1150960

鳥取城北高等学校のせんべいです。

城北高校といえば、相撲部や野球部など活発な部活が多く、先ほど相撲部の大きな道場が完成しました。

ちなみに、大関の琴光喜さんは僕と同い年。

| | コメント (0)

2009年5月 8日 (金)

山の藤

P11509681

P11509691

今年は山の藤がよく咲いています。

杉林も手が入らないので、藤が勢いを増しているようです。

先日行った岡山の道中も藤の花がよく目に付きました。

| | コメント (0)

2009年5月 5日 (火)

ライラック

Img_2774

うえき村にうす紫色のライラックの花が咲き出しました。

ライラック(Lilac、学名:Syringa vulgaris)はモクセイ科の落葉低木(小高木)。

和名はムラサキハシドイといいます。

ライラックはイギリス名で、フランスではリラと呼ぶそうです。

高さ3~7メートルくらいになり、あまり大きくなりすぎません。

白、赤、赤紫、青色など多くの品種があり、八重咲きもあります。

日当たりよく、排水のよい適潤またはやや乾燥する冷涼な所でよく育ちます。

東北、北海道など寒地でよく栽培され、札幌では市の木に指定されています。

繁殖はイボタまたはハシドイの実生(みしょう)苗を台木にして接木(つぎき)することが知られています。

香りがよく香水の原料ともされています。

| | コメント (0)

2009年5月 4日 (月)

レンゲツツジ

Img_2771

今、うえき村ではツツジがきれいに咲いています。

写真はレンゲツツジです。

オレンジ色がきれいですね。

レンゲツツジ(蓮華躑躅、Rhododendron molle subsp. japonicum)は高さ1~2mの落葉低木です。

4~6月に直径5cmほどのロート状の花をつけます。

つぼみの様子が「蓮華」に見えることから名付けられたそうです。

日当たりのよい草原に多く自生。

花は朱色です。また花の色が黄色い種類にキレンゲツツジがあります。

人もそうですが、牛や馬にとっても有毒なため「ウマツツジ」「ベコツツジ」の別名があります。

群馬県の県花です。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »