« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

ガンコマサ

今日は久々の青空天気sun

申し訳ないことに、お客様には長らくお待たせしてしましました。m(_ _)m

ガンコマサを施工しました。

自然の土を使った舗装で、草が生えず自然な感じがいいですね。

ホームセンターにも似たような商品がありますが、バイクや車が乗るので

強度のあるスーパーガンコマサを使用しました。

簡単に言ってしまえば、袋から出して均して、転圧して、水をかけたらおしまいなので

施工はいたって単純。

でも、転圧をどのようにするかが問題でした。

ローラー転圧の立派な道具もあるのですが、ちょっとお値段が・・・

なので、パイプにコンクリートを流し込んで作った手作りのローラーを使ってしてみました。

面積もそれほど広くないので、これで十分。

Img_1784_2

転圧後、表面を平らにしています。









Img_1787

散水中!!

なかなか浸透しないので、思いのほか多めに水を撒きます。








| | コメント (1)

2009年2月27日 (金)

K医院様 花壇のお手入れ

今日は、花壇に植えつけてあるパンジーの花ガラ摘みと草取りをしました。

パンジーは秋ごろ植えつけたものでビタミンカラーの

イエローやオレンジが主体になっています。

あるとき、施主様がおっしゃってました。

”花壇の花がきれいに咲いていると、来てくれる患者さんが喜んでくれる。少しでも元気になってもらいたい・・・”

この気持ちに応えようとがんばっています!!

パンジーの花ガラ摘みは、花を長く、多く楽しむためには必要な作業です。

また、花壇の中はパンジーの他に小さなナズナやハコベなどの草がびっしりです。

一見、緑がきれいですが、パンジーの栄養を取られないようにきれいに取りました。

簡単なようでなかなか根気のいる作業です。

丁寧にパンジーの株を確認しながら草を取らないと、パンジーを引っ張ってしまい簡単にちぎれてしまいます。

最後に化成肥料で追肥をしておきました。

| | コメント (0)

2009年2月26日 (木)

タカショー研修会

本日は、当社でも商品を扱っている大手メーカーのタカショーさんの研修会に

参加してきました。

主に新商品の説明とIT関連の活用についてのお話しでした。

僕は初めての参加で、とても勉強になりました。

心、光、水、風、緑・・・見えないものの中に真の目的があり、それを形にしてお客様の満足するお庭があるのだと、改めて感じました。

Img_1760 展示場を見学中!!

「ひさしのある部屋」を目指した

    ポーチガーデン

Img_1765 夜を彩るLEDを使った表札

    ディーサイン












研修会の後に交流会がありました。Img_1776
図々しくもタカショーの高岡社長と記念撮影をしていただきました。

高岡社長をはじめ、スタッフの皆さん大変お世話になりました。

| | コメント (0)

2009年2月17日 (火)

冬のメンテナンス作業(施肥)

温かい冬となっていますが、この冬の間にする植木のお手入れがあります。

そのひとつに、施肥(せひ)があります。

油粕鶏糞などの有機質肥料をほどこします。

やり方はいろいろありますが、僕たちは植木の根元から少し離れたところを

鉄の棒で深さ20~30cmの穴を何箇所か開けて肥料を入れています。(つぼ肥)

あまり濃度が濃すぎるといけないので赤玉土などを混ぜてやってます。

植木に元気がないときは粒状の活力剤も混ぜてやってます。

低木や下草など小物の場合は地表に肥料を全面に撒いています。

施肥は、基本的に冬の一回だけ。

花つきをよくしたり、植木を元気な状態で維持するために

重要な作業です。

| | コメント (0)

2009年2月 9日 (月)

松の治療

1img_1675














松の調子が悪いということで拝見しました。

どうも病気にかかっているようです。

活力剤(メネデール)の注入、消毒(石灰硫黄合剤)、

施肥(油粕)をして様子をみることにしました。

1img_1666














メネデールの樹幹注入をしているところです。

土壌にかん注することが一般的かとおもいますが、

樹幹注入は直接植木に入るので効果が早くあらわれます。

松の木は樹液が動かない冬の間でないとお薬が入りません。

3ヶ月後にまた様子を診たいと思います。

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »