« Y様邸リガーデン | トップページ | T様邸リガーデン »

2007年4月22日 (日)

広葉樹文化協会 春の催し

Img_0383 午前は総会と学習会です。















Img_0384
学習会の講師は前鳥取県出納長の谷口さんです。(右)
日本農政の変遷と今後の課題をもとに里山の活用・あり方ついての話でした。
印象に残ったのが、日本の農業は「アメリカ的農業」ではなく”百姓”である、ということ。稲作、畑作、果樹、木工、民芸品など年中いろんなことをして生活していたんだよな。
そして、後継者の問題。農業の中で一番後継者が多いのは一番ハードな酪農だそうです。しんどい作業をいているものの愚痴をもらさないそういう親の姿をみて、子は後を継ぐんだそうです。しかし、親がぼやく農家ほど後継者はいない。やりがいってことでしょうね。
Img_0385_2 午後は当協会が育んできた布勢にある”四季の森”を手入れしました。
剪定、草刈、施肥、樹名板の交換などの作業です。
なんとか、雨がもってくれてよかったです。










Img_0387_1














Img_0392_1 うちの社員の福田君も作業に参加。
















|

« Y様邸リガーデン | トップページ | T様邸リガーデン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Y様邸リガーデン | トップページ | T様邸リガーデン »