« サトザクラ | トップページ | 植木の掘取 »

2007年2月 6日 (火)

土壌改良

今日は、昨日の続きで、晩稲(おくて)です。

ミニユンボを持っていって昨日位置出ししたところを掘ります。

そこは、今表面がマサ土になってますが、ちょっと掘ってみると黒褐色の粘土がでてきます。

むかし、田んぼだったそうです。

さらに、その下は浜砂だそうです。もともとこの辺も鳥取砂丘の一部だったのでしょう。

田んぼの粘土は水はけが悪いので土壌改良をしてやります。

面積が1㎡の深さ40cmくらいをほぐしながら、バーク堆肥を混ぜていきます。

一部、道路の下地に使う砕石やガラがたくさん出てくるようなところもありました。

そんなところでは、大きめなガラは取り除いてやって多めに堆肥を入れてやるか、土をいれかえてやります。

根鉢の大きさは径が30cmくらいです。しかし、ほぼ置き植えに近い状態で少し土を盛る感じで仕上げようと思います。

|

« サトザクラ | トップページ | 植木の掘取 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サトザクラ | トップページ | 植木の掘取 »